火災保険

火災保険適用の屋根・外壁等の修繕工事


火災保険とは?
聞いたことがあるけど、よく知らない方が多い火災保険。
近年、大型台風や豪雨、強風などの被害を受ける家が多くなっています。火災保険は火災でしか使えないと思っている方も多いと思いますが、実際は火災保険の多くは雨や風、雪などによる自然災害でも幅広く適用されます。新築時にほとんどの方がご加入する火災保険は、自然災害により建物が被害を受けた場合、その修繕費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。自然災害で屋根や雨樋が破損してしまったり、棟板金が浮いてしまったりする場合には、保険の種類にもよりますが費用を保険会社が負担してくれます。
なので自己負担なし、もしくは一部負担で屋根外壁修理を行えるということなのです。なお、火災保険には自動車保険のような等級がないので、保険支給を受けても保険料が上がってしまう心配はありません。
お困りごと、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

    火災保険の補償対象となる一般的な事例

  • 火災による被害(自宅から発生した火災のみならず)
  • 床上浸水、洪水、豪雨、豪雨による土砂崩れも含む被害
  • 暴風、強風による被害
  • 積雪、雹(ひょう)、雪崩(なだれ)による被害
  • 落雷による被害
  • 火災保険適応になるには、当社がまず現地調査して、審査依頼、審査をして通れば、工事開始~になります。

台風・梅雨の時期に備えて事前の点検、修理で、大事なお住まいを守りましょう。
雨漏りは大事なお住まいを傷めるだけでなく、家具家電等の持ち物まで被害に合う場合があります。
現状で何も困っていないからと言って放置するのではなく、定期的な点検は必要不可欠です。

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© 広島の屋根のトラブルなら大和建装にお任せください , 2020 All Rights Reserved.